いつまで使う事ができるのか

いつまで使う事ができるのか 赤ちゃんの発育に重要な母乳ですが、たくさん飲んでくれる子はいいですが、飲みが悪い赤ちゃんなどは特に一体どのくらいの母乳量を与えられているのか気になるところです。特に予定日より早く生まれた未熟児の赤ちゃんはおっぱいを吸う力が弱いので、大丈夫か心配になるママが多いです。そこで活躍するのがベビースケールです。ベビースケールは単に体重を測る目的だけでなく、母乳量も測る事ができます。

母乳を与える前に測って、飲んだ後に測って誤差を出すと、飲んだ分の分量が正確に測れます。もし量が足りていなければ、追加でミルクを与えるのも良いでしょう。ベビースケールはいつまで使えば良いか悩まれる方もいますが、目安はしっかりと母乳が飲めるようになってきたら特に必要ないと考えて問題ありません。もちろんいつまで使うかは成長具合などによってまちまちですが、およそ生後1か月から4ヶ月くらいまでを目安に考えます。使用する期間が短いので、購入するよりもレンタルや、中古を買い取りするのが経済的と言えます。

ベビースケールの正しい使い方と機能を知ろう

ベビースケールの正しい使い方と機能を知ろう ベビースケールは体重計の一種で、商品名からもわかるように乳児の体重を計測するのに適した体重計です。使い方は基本的にはどのメーカーも一緒で、電源を入れてしばらく待ち、表示がゼロになって体重をはかる準備がととのったら乳児を静かに台の上にのせるだけです。台の上に毛布を敷いてから測るタイプのベビースケールを使用している場合は、適当なサイズの毛布を敷いた後に本体についている特定のボタンを押して毛布の重さをはかり、その後乳児をのせて測定します。

製品によっては他にも様々な使い方ができます。例えば、過去にはかった体重を数回分自動的に記録する機能があるベビースケールでは、特定のボタンを押すことで以前はかったときの体重が見られます。また、授乳量を測る機能が搭載されている製品では、授乳の前と後の2度台に乗せて体重を計測し、2回目の測定が終わった後に授乳量ボタンを押せば推定量が表示され、きちんと乳児が自身の母乳を飲んだからどうかや、実際の飲んだ量を知ることができます。

新着情報

◎2020/4/14

ベビースケールを売却する際
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

ベビースケールの使用期間
の情報を更新しました。

◎2019/12/20

いつまで使う事ができるのか
の情報を更新しました。

◎2019/10/25

収納しやすい商品が良い
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

ベビースケールはいつまで使える?
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ベビー いつ」
に関連するツイート
Twitter